top of page
  • LSP soundsystem

HILL vs D&B 比較レポート

HILL VS D&B 比較レポートの大まかな相違点を日本語にしました。

1)出力及び再生周波数帯域の違い。 HILL は25Hz~50Hz の再生周波数帯域が十分にあり、D&B はそれが少ない。 25Hz で HILL は D&B のそれより12db、4 倍のパワーが出せるので、キックドラム、ベース の奥行ある深い低音再生ができ、又は、DJ のサブ帯域に関しても押し出しのある低音、存在感のある サブ低音を届けることが出来ます。 10KHz 以上では、D&B より10db大きく再生します。ダイナミックレンジは 4 倍も D&B より持っており ます。この状況は、JBL VTX にもみられるように、DSP 制御、スイッチング電源パワーアンプを採用するメー カーではダイナミックレンジは狭くなります。

2)エリアカバー ボーカル帯域の基本である1500Hz での比較です。 図の通り D&B では FOH ポジションでは良好ですが、その他多くの客席エリアでは十分にカバーされません。 HILL ではもっと広いエリアをカバーできております。

3)両者音色カバーエリアの比較です。 D&B では、FOH ポジションを除いて、8KHz 以上での欠如が見られ、全体的に音色はこもり気味。 HILL では、12KHzまでカバーエリアが広くあり、どこの位置でもクリアーサウンドです。 ハイハットやシンバルの PA 再生は実にクリアーになっております。

4)最後にサブスピーカーの比較で HILL と D&B 及び JBL 他社との相違点です。 D&B 他社サブでは、客席が埋まっている状態になると、低域の到達性がなくなりサブ低域の不足状態に陥るこ とが見られます。HILL サブでは客席が埋まろうとも、確実に観客に低域を届けることが出来ます。 この原因を解くヒントとして、D&B サブの音は会場の外でもはっきりと聞こえてしまいますが、HILL サブは 会場外の音の漏れは少ないという事実です。HILL パワーアンプによる HILL の18インチスピーカーの制御が 如何に確実にできているかという証拠です。しかも遠くまで低域を届けることもできるわけです。

5)何と言ってもコストパフォーマンスはかなり差が出ます。HILL のほうが経済的になっております。

Speaker Report
.pdf
ダウンロード:PDF • 3.50MB

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

HILL PRO AUDIO 社のプロファイル

*1969 年創業、イギリス初の PA 用トランジスターパワーアンプ製造販売 *1970年代、 業界最初のポータブルPAミキサー販売開始 スカイ, AC/DC、サクソン, ゲイリーニューマン等のツアーの為の スピーカーシステム、パワーアンプ、ミキサーの総合 PA 機材製造と販売 を開始。 *1980 年代、 70 年代後半より、PA レンタル部門と製造販売部門に分かれる。 以降、PA レンタル部門

Comments


bottom of page