top of page
  • LSP soundsystem

何故50年間にわたってHILLアンプは他のアンプ(Lab Gruppen, Crown等)より多くの低音、パンチのあるキックドラムが出せるのか?

その回答として、

パワーアンプにはその2台要素である電源エネルギー量とスピーカーに対しての信号伝達速度が重要になります。

先ず、エネルギー量とは、アンプ電源供給用の平滑コンデンサーの蓄電量で決まります。

それから、信号伝達速度は下記の3つの内部抵抗で決まります。

1)平滑コンデンサー

2)出力段のディバイス、パワートランジスター等

3)出力安定化用インダクター、(コイル、コンデンサー、抵抗器)

HILLアンプでは

1)特別に厳選された内部抵抗の低い平滑コンデンサーを使用します。

2)同じ規格、音量増幅時における温度上昇による数値変化のないパワートランジスター

を使用することで内部抵抗を低くしている。

3)出力安定化のためのインダクターを全く使用しません。

一般的パワーアンプ(Lab Gruppen, Crown I-Tech, Camco, Powersoft, D&B等)では

1)標準規格の平滑コンデンサーを使用。

2)音量増幅時における温度上昇で内部抵抗の上がるMOS FETパワートランジスター

を使用。

3)出力に内部抵抗の上がるインダクターを直列接続して、出力の安定を図る。

その他、HILLアンプでは、エネルギー保持能力の高いトロイダルコア―電源トランスを使用するため、平滑コンデンサーに供給するAC電源のプラス、マイナスの変換時に一瞬減衰する電圧を素早く再チャージさせることが出来ます。

このことは、現在主流である電源トランスを持たず、小容量の平滑コンデンサーを持つスイッチング電源パワーアンプではAC電圧のプラス、マイナス変換時に十分再チャージが出来ません。どうしても、再チャージの時間を待つことになります。

結果、これらのアンプには、低域のエネルギーが少なく、信号伝達速度も遅いので、パンチの無い、よどんだキックドラムのビートしか出せないということになります。

マルコム ヒル

Malcolm Hill Associates Ltd.

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

HILL vs D&B 比較レポート

HILL VS D&B 比較レポートの大まかな相違点を日本語にしました。 1)出力及び再生周波数帯域の違い。 HILL は25Hz~50Hz の再生周波数帯域が十分にあり、D&B はそれが少ない。 25Hz で HILL は D&B のそれより12db、4 倍のパワーが出せるので、キックドラム、ベース の奥行ある深い低音再生ができ、又は、DJ のサブ帯域に関しても押し出しのある低音、存在感のある

コメント


bottom of page